とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

今回は、

中学時代の話。

 

小学校の頃、

少年マガジンでも連載、アニメでも放映された

”ハリスの旋風”という漫画。

 

ハリスの旋風のオープニング

 

主人公の石田国松は、

持ち前の運動神経を活かして

野球部、剣道部、ボクシング部、

そしてサッカー部で活躍、

どの部も大会で優勝させてしまう。

 

こういう影響で中学では、

何か運動部に入ろうということで、

小生は、剣道部を選択。

 

実を言えば、

袴姿にも少し憧れたんだがーーーー

 

続きを読む >>


2018/06/14 (木) 23:11 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)

小学低学年の頃、

父によく映画に連れて行ってもらったもんだ。

 

ゴジラシリーズや東映の長編漫画などなど

 

中でも、印象に残るゴジラ映画といえば、

初めてキングギドラがお目見えする

”三大怪獣 地球最大の決戦” 

であろう。

 

これが、当時のポスターである。

 

https://gidaigeki.exblog.jp/21054993/ から拝借

 

さてさて、この映画だけではないが、

映画が始まる前に、父のある趣味に

付き合わなければならないことがあった。

 

それはーーーーー

 

 

続きを読む >>


2018/06/12 (火) 22:43 | 映画・TV番組
- | comments(0)

このドラマも魔女ジニーと

ほぼ同時期でしたでしょうか?

 

”ラットパトロール”

 

 

”コンバット”とは違い

かなりのマイナー作品なので、

ご存知ない方も多いでしょう。

 

子供にはやや遅めの時間から

放映されていたような気がする。

 

第二次大戦のアフリカ戦線でのお話。

 

ドイツ軍の機械化部隊を相手に

まるで“ねずみ”のように神出鬼没に

活躍する2台の連合軍ジープの活躍を描いた

戦争サスペンスもの。

 

プラモも作ったなー

下のジオラマのような素晴らしいものではなかったが。

 

https://ameblo.jp/miurat7777/entry-11802539407.html から

 

 

 



2018/06/11 (月) 06:00 | 映画・TV番組
- | comments(0)

昨日、

Fox Classics というTVチャンネルで

”可愛い魔女ジニー”という

米国のドラマが一挙放送されていた。

 

とても、全ては見ることは出来なかったが、

懐かしく拝見した。

 

主役はバーバラ イーデンという女優さん。

このドラマ出演時は31歳。

現在86歳で御存命のようです。

 

http://www.geocities.jp/kazutv90/page013.html から

 

宇宙飛行士のトニーは、

宇宙飛行船に乗って宇宙に旅立つはずだったのだが
宇宙ならぬ南海の孤島に不時着。


そこでおかしな形のつぼを拾って

ふたを開けるとあら不思議。
煙とともに現れたのは

セクシーなアラビア風の衣装に身を包んだ
かわいい美女ジニー。

 

というナレーションで始まるTV番組。

 

我々の世代では、 

”奥様は魔女” と並ぶ

かつ似通ったタイトルで紛らわしい

ホームドラマ。

 

後半にーーーーー

 

続きを読む >>


2018/06/10 (日) 13:47 | 映画・TV番組
- | comments(0)

ダークチョコレートは、

短期間の血流改善や、

気分および認知機能を改善するが、

視機能に対する影響はほとんど知られていない。

 

https://ameblo.jp/40dai-diet/entry-12123704355.html から

 

米国・University of the Incarnate Word Rosenberg School of Optometry

のJeff C. Rabin氏らは、

 

無作為化クロスオーバー単盲検試験の結果、

 

ダークチョコレートミルクチョコレートと比較し

摂取2時間後のコントラスト感度と視力を有意に改善

したことを報告した。

 

さらに詳細に述べるとーーーーーーー

 

 

注釈

 

クロスオーバー比較試験

 

治験における試験デザインの1つで、 交差試験または交互試験とも呼ばれます。

 

2群の各被験者に 被検薬と対象薬を時期を互いにずらして投与し、

それぞれの結果(反応)を集計し評価する試験方法。

 

    時期1   時期2
A群: 被検薬 → 対象薬
B群: 対象薬 → 被検薬

 

比較的症状の安定している慢性の疾患で、
傾向変動が見られず、
薬剤の効果が速やかに発現し、かつ
治療中止後は患者が基準値の状態にすぐに戻り、
薬剤の治療効果が可逆的な場合
(すなわち、不可逆的(治癒又は死亡)でない場合)
に適している試験方法です。

 

http://www.chikennavi.net/word/crossover.htm 

から引用

 

 

続きを読む >>


2018/06/08 (金) 13:49 | 医療情報
- | comments(0)