とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

The BMJのクリスマス論文

でも紹介しましたが、

今年もBritish Medical Journal (BMJ)の

X'mas特集号が出たようです。

 

いくつか、興味ある論文がありましたが、

今回は心筋梗塞の引き金となるものは?

という内容のものを紹介。

 

原文タイトル:

Christmas, national holidays, sport events,

and time factors

as triggers of acute myocardial infarction:

SWEDEHEART observational study 1998-2013.

 

邦語タイトル:

クリスマス、国民の祝日、スポーツイベント、

および急性心筋梗塞の誘発因子としての時間因子:

SWEDEHEART観察研究1998-2013

 

 

スウェーデンでは、

クリスマスや夏至の祝日

(St John's Day)

は心筋梗塞のリスクが高く、

 

とくに

クリスマスイブが高リスク(37%増)であり、

高齢患者や糖尿病を合併する患者など

脆弱な状態にある集団では、

これらの期間が心筋梗塞の

外的な引き金の役割を担う

可能性があることが、

スウェーデン・スコーネ大学病院の

Moman A. Mohammad氏らが行った

SWEDEHEART試験で示された。

 

西欧諸国では、

心筋梗塞による心臓死や入院は、

クリスマスや新年の休日に

ピークに達することが観察されている。

 

https://www.ebay.com/ のサイトから

 

また、

心筋梗塞のリスクは、

フットボールの優勝決定戦やハリケーン、

株式市場の暴落とも関連するとも、

いわれる。

 

そのため、

感情的なストレスや身体活動、

生活様式の変化に関連する因子が、

短期的な引き金として作用することで、

心筋梗塞の発症に影響を及ぼす

可能性があると推測されている。

 

 

もう少し、詳細に述べるとーー

 

後半に続く:

 

続きを読む >>


2018/12/25 (火) 19:19 | 医療情報
- | comments(0)

クリスマス時期の映画として、

マコーレ・カルキン主演の

”ホームアローン1、2”

は名作で、何度見ても面白い。

 

このたび、

 

Googleアシスタントが

マコーレー・カルキンと組んで、

上映から28年が経つ『ホーム・アローン』の

印象的なシーンの数々を

新たに作り直したようです。

 

このCMの中でカルキン演じるケビンは、

映画の中と同じルーティーンをこなしています。

 

ベッドでジャンプし、

シャワータイムを楽しみ、

ディナーの前には

「オペレーション・ケビン」

の準備も怠りません。

 

家の外観から壁紙まで、

あらゆるものが本当に

当時のままに再現されているのです。

 

当時と違う点といえば、

ケビンのあらゆる作業を

グーグルがサポートしているというところ…。

彼はGoogleアシスタントを使って

ドアをロックしたり、

ロボット掃除機を起動したりできるわけです。

 

Esquire Men's Health

 

 

まず、見てみてください。

 

 

ところで、

『ホーム・アローン』のパロディ映画

『Stoned Alone(原題)』の製作が

計画されているらしいですよ。

 

 



2018/12/24 (月) 11:44 | 映画・TV番組
- | comments(0)

確か、小学高学年の頃だろうか?

父と連れだって、見に行った映画。

 

フランスを代表する名優二人

ジャンポール・ベルモンド

オマー・シャリフ

が共演する映画

 

”華麗なる大泥棒”

 

という映画は、

なぜか印象が残っている。

 

原題名:"Le Casse"

英語表記にすれば、

The Robber でしょうか?

 

当時のパンフ

右:JP ベルモンド;左:オマー・シャリフ

https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=10743292

 

大泥棒役のベルモンドと、

それを追う刑事役シャリフの

駆け引きが

なんともいえない。

 

その中で、

女優:ダイアン・キャノンが

花を添えて、この映画を

引き立てている。

 

ダイアン キャノン

http://summaars.net/deathtrap.html から

 

最後に、シャリフが

小麦粉か何かに埋もれて

しまうシーンはよく覚えている。

 

また、この映画音楽も

テンポがよく、

本映画によくマッチしていた。

 

YouTubeでも見つけたので、

興味があれば、聞いてみてください。

 

 

映画全編もYouTubeで見れるようです。

残念ながら字幕はアラビア語のようですが。

 

 

 



2018/12/23 (日) 00:03 | 映画・TV番組
- | comments(0)

小学1年から2年ぐらいの頃だったろうか。

確か、リアルタイムで”鉄人28号”が

テレビ放映されていた時期。

 

日本のいたるところに、

スロットレーシングカーのサーキット場

があったのを覚えている。

 

第一次レーシングカーブームの時代

だったようである。

 

私が住んでいた町にも、

プラモ屋があり、

その隣がサーキット場になっていた。

 

レールに溝があり、

そこに電気が流れて、

その溝部分から車体のモータを回して、

スロットルでスピード調節して、

競争するという代物。

 

http://motorpress.jugem.jp/?eid=488 から

 

ただ、この車体が高すぎて、

小学生の私には手が出なかった。

 

かなり大人に見えた

中学生以上の方たちが、

自分たちが作成した

かっちょいいレーシングカーを

楽しそうに走らせていたのを

指をくわえて見ていた覚えがある。

 

グリコアーモンドキャラメルについてくる

おまけのカードを集めて、

1/24スケール  レーシングカーの

プラモをゲットする奥の手があった。

しかし、必要なカードの枚数が

莫大で、虫歯ができそうで、

途中で断念した覚えがある。

 

いやー、

あの当時は本当に欲しかったなー。

 

最後に、

YouTubeで当時のスロットルカー

を紹介して、今日はおしまい。

 

 

 



2018/12/21 (金) 06:30 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

毎週日曜の夜7時、

武田薬品提供の連続番組。

 

そう、

 

ウルトラマン、ウルトラセブン、

キャプテンウルトラと、

円谷のテレビ特撮シリーズの

続きだったろうか?

 

今までの怪獣ものとは

趣が異なるシリーズ:

”怪奇大作戦”

なるTV番組が、確か

小学6年生の頃に放映されていた。

 

無類のラーメン&特撮好き☆-PN2012082201001501.-.-.CI0003.jpg

https://ameblo.jp/satoru1985/entry-11608864032.html より

 

その内容だが、

 

現代社会に発生する謎の科学犯罪に挑戦する

「SRI」Science Research Institute 科学捜査研究所)

のメンバーたちの苦闘と活躍を描く。

毎回描かれる怪奇現象が、

実は人間の手によって

引き起こされた科学犯罪であり、

これに立ち向かう正義の捜査チーム

という図式で構成。

同時に社会に疑問を投げかけるような

重いテーマもある。

(Wikipediaから引用)

 

第一話:壁ぬけ男

第二話:人喰い蛾

と、なんとも不気味な映像。

 

人喰い蛾では、

蛾の鱗粉で人が溶ける映像。

子供心に不気味であった。

 

YouTubeに第一話が、

オープニングからラストまで

upされていたので載せておきます。

 

世代的に知らない方も多いかもしれません。

ちらっと見てみてください。

 

 

さて、この番組は平成になり

リメイクされ、

そちらをご存知な方は多いかもしれません。

 

しかし、

小生は昭和の臭いが漂う

旧作のほうが味わいがあって

いいね!

 

 

 



2018/12/20 (木) 06:00 | 映画・TV番組
- | comments(0)