とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

粉ジュース、覚えてますか?

 

https://twitter.com/kurichan46 から引用

 

オレンジ、パイン、グレープ

ソーダ水、

コーラ味などなど。

 

カルピスに比べて、

長持ち、廉価で、

がぶ飲みする子供たちには

昭和の時代においては重宝された製品。

 

味の方はというと、

安物のグミを溶かしたようなもんで、

御世辞にも、そんなにおいしくはなかったですね。

 

現在は、

ポカリの粉ジュース版もありますが、

懐かしきフルーツジュースもあるようですよ。

 



2018/07/03 (火) 22:19 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

小学生の頃、

 

”像が踏んでも壊れない”

なるキャッチこぴーで一世を風靡した

筆箱があった。

 

サンスターのアーム筆入れ

 

 

 

本当かよと思い、

私も小さい頃、学校の屋上から

この筆箱を落としたが、

確かに割れなかったような記憶。

 

中に入っていた鉛筆の芯は

当然ながらバキバキに折れてましたが。

 

現在も売っているようですよ。

 

 

 



2018/07/01 (日) 16:44 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

さて、昨日 関東地方は梅雨明け。

早すぎですね。

これから2か月も夏?

 

夏といえば、

かき氷、スイカ、花火大会などなど

いろいろ頭に浮かびますが、

 

小生にとって、

まずはお化け屋敷。

 

小学低学年の頃は、

東京の田園調布周辺に住んでいました。

 

かつて、

多摩川園という遊園地が、

現在の多摩川駅のすぐ脇にありました。

自宅からも徒歩で30分ほどで行けたので、

親に連れられて

よく遊びに行ったものです。

 

 

多摩川園の写真集

http://www.magatama.org/photo/tamagawaen/

 

秋の菊人形展も有名でしたが、

小生は夏のーーーーー

 

後半へ


 

続きを読む >>


2018/06/30 (土) 22:09 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

昨日のW杯、

日本対ポーランド戦

なんとも歯切れの悪い終わり方でした。

 

コロンビア戦、セネガル戦では

勇気ある闘い方をした日本。

 

https://jp.sputniknews.com/worldcup-2018-archive/201806295052080/

 

後半、1対0で負けている日本。

 

もうひとつの最終戦で、

コロンビアがセネガルに対して

1点を返したところで、

 

日本はフェアプレイポイントで

セネガルに勝り

決勝トーナメントに残れる展開。

 

一方、

ポーランドはこのまま終わればW杯で

1勝を上げて祖国に錦を飾れる意思表示。

 

ということで

 

お互いが、

忖度し合って

ボール回しに終始するラスト展開。

 

思わず、チャンネルを

コロンビア対セネガル戦に

変えてしまいました。

 

結果的には、

日本は決勝トーナメントに残りました。

 

でも、歯切れ悪いな〜

 

次のベルギー戦で、

またよいプレイを期待しましょう。

 



2018/06/29 (金) 21:53 | 日々雑感
- | comments(0)

昨日のW杯

韓国 VS ドイツ

観ましたでしょうか?

 

韓国、見事な勝利でした。

 

https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180628/785242.html から

 

実は、試合を観ていて

約15分ほどで、韓国が勝つかもしれないと、

予感がしていました。

 

非常に韓国の動き出しと守備の間合いが、

前の2試合に比べて、

格段によくなっていました。

 

予想的中で、

後半 続けざまに2点を挙げた韓国が
王者ドイツを破る大金星でした。

ドイツはまさかの予選敗退でした。

 

さて、今日は

グループHの最終節:

日本対ポーランド!

 

さてさて、どうなりますでしょうか?

 

 



2018/06/28 (木) 20:31 | 日々雑感
- | comments(0)