とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

”認知症の予防には、何かよい方法がありますか? ”

とは、時々患者さんに聞かれることがある。

 

そんなときに、

  • バランスのよい食事を心がける、
  • 適度な有酸素運動のためにウオーキング、
  • 新しいことに挑戦する、

などなどで、多少は予防出来るかもと答えてきました。

 

 

確かに、今までの論文では、

”歩行スピードの早い老人は認知症にはなりにくい”

といった証拠が示されてきた。

 

しかし、

 

「認知機能の低下やアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)

の予防に役立つことが証明された 薬剤やサプリメント、

脳トレーニング法は今のところ存在しない」

 

とする4件のシステマティックレビューの論文が、

米ミネソタ大学公衆衛生学部のMary Butler氏らによって、

「Annals of Internal Medicine」という雑誌に

2017年12月19日オンライン版に掲載された。

 

※ システマティックレビュー:

今までに報告された論文のなかで、 最も信頼に足るものを集めて、まとめたもので、

論文としてのピラミッドの頂点に立てる内容のもの。

これらの論文では、 過去の臨床試験のデータを分析した結果、

強いエビデンスに裏付けられた予防法はなかったとしている。

 

もう少し、詳細に述べると:

 

続きを読む >>


2018/01/29 (月) 06:00 | 医療情報
- | comments(0)

 

初めての学会発表は、

神奈川県にある某私立大学の整形外科医局に入り研修医1年目。

まだ、右も左もよく分かっていない新米医師。

 

医局に入り少し慣れてきた9月ごろ。

 

某講師Xから、

君、11月にある学会で、発表してもらいたい症例があるんだが、どうかな?
 

はあ、まだ1年目ですが。

そんな私でいいんでしょうか?

 

いや、1例報告でfresh manの君でも大丈夫!!

 

そうでしょうか?

ところで、何の症例でしょうか?

 

続きを読む >>


2018/01/28 (日) 18:07 | 回顧録:医師扁
- | comments(0)

 

さて、何から書こうかと?

 

まずは、人生を変えてくれた家庭教師Tの存在。

 

小学校の頃は劣等生だったが、

地元の公立中学に入り少しは勉強せんといかんと思い、

以前に比べれば少しは机に向かうようになった自分。

でも、勉強しても約200人中120番程度の中庸な成績。

 

これでは、いかんと思い、

父にも頼み、

中学2年の夏休み明けにある家庭教師に来ていただくことになった。

 

それが、家庭教師T 先生

 

 

続きを読む >>


2018/01/28 (日) 14:24 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)