とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

私の勤める病院は、

急性期、回復期、療養病棟と3つの病棟

を併せ持つケアミックス型の病院である。

 

今日、

回復期病棟において院内で

ホテルのバフェのごとく

その場で、かき揚げのてんぷらを

揚げて患者さんに振舞っていた。

 

 

しかし、リハビリ中の患者さんなので

嚥下障害のある患者さんの中には

振舞ってもらえない方もいるのは事実である。

 

この意気な施しは年内に2回ほどあるそうである。

 

病棟内にてんぷらの香ばしい匂いが漂って

思わず食欲がそそられる。

 

ちなみに、今日のお昼メニューは、

かき揚げのてんぷらとお刺身と、

豪華であった。

私も、たまたま週1回の検食日だったので、

おいしくいただきました。

 

患者さんの明日からのリハビリへの

モチベーションupが高まることを

期待してやまない。

 



2019/05/21 (火) 19:32 | 医師患者関係
- | comments(0)


2019/10/13 (日) 19:32 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする