とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

今回は米国留学中の出来事。

 

早朝、米国の研究室に高速道路を

車で出勤途中、急に窓がガタガタと

振動を始めた。

 

なんだ、なんだ?

何が起きた?

 

仕方なく最寄りのインターで降り、

車のタイヤを見ると

なんと左の後輪が バースト!

幸い、ホイールは無事のようだ。

 

まあ、ここまではひどくはなかったが。

https://www.gotodobbs.com/blog/survive-tire-blowout/

 

 

よく大事故にならなかったもんだ。

 

ケンタッキー州の2月で、

朝はかなり寒い。

この冷たい中で、スペアタイヤに履き替え、

なんとか研究室に到着。

 

同僚の白人さんに、事の次第を伝えて

タイヤ交換はどこでやればいいか?と聞くと、

店の名前は忘れたが、安くてサービスのいい

ディスカウントショップを教えてもらう。

 

その日の実験は中止にして、

早速 その教えられたshopに行き

タイヤ交換。

 

店にで居合わせた見知らぬ外人さんに、

Blow out? と聞かれ、

Yes! と答えたことは覚えている。

 

こんなタイヤバーストは最初で最後の経験。

しかも、アメリカで。

 

いやー、参ったぜ!

 



2019/03/08 (金) 20:13 | 回顧録:医師扁
- | comments(2)


2019/09/15 (日) 20:13 | -
- | -
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

はじめまして。
最初にみたときは違う意味で胸がきゅんとしたでしょう。
高速道路ですのに、無事でよかったです。


2019/03/08 23:33 | 藤咲

コメントありがとうございます。。最初はなんだか分かりませんでした。無事だったのが不思議くらいです。

2019/03/09 00:00 | 管理人

コメントする