とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

リアルタイムでは

観ていなかったような気がする。

 

おそらく再放送だったのだろう。

確か夕方の5時あたりに放映されていたような。

 

”恐怖のミイラ”

というホラー番組。

 

これは、子供心に残ったTV番組の中でも、

最高に怖かった。

 

最近の洋画

”ハムナプトラ”に出てくるミイラに比べると、

遥かにお粗末なものではあるがーー

 

何とも言えないオープニングで始まる

あの恐怖を誘う音楽を

今でも忘れない。

 

これである 

 

 

 

あらすじはーーーーーー

 

 

大学で法医学を学んでいる野々宮雄作は、

姉の家へ同居することになる。

義兄である姉の夫・板野博士は考古学の権威で、

家族にも内緒で助手の牧村と共に研究室に

閉じこもって毎晩遅くまで秘密の研究をしていた。

その研究とは、エジプトで発掘して持ち帰った

古代4000年前のミイラを生き返らせるというものであった。

ある夜、ついに2人の研究が完成してミイラは蘇生するが、

ミイラは博士を殺害して研究所から姿を消す。

(以上 Wikipediaから)

 

このミイラが毎夜出てきて、

大暴れするというもの。

 

当時、

隣に住んでいた一つ下のM君と

柔道の乱稽古をして、

汗を流したあとに

この番組を二人でよく見たもんだ。

 

お互い、怖い場面になると

ふとんで顔を覆いながら、

怖いもの見たさで

その隙間からこっそりと

観たものである。

 

いやー、本当に怖かった!

 

最後に、第9話をYouTubeで。

 

 



2018/09/28 (金) 22:36 | 映画・TV番組
- | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする