とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

先日の記事:

赤いトレノ 

にまつわる話題。

 

この記事における宣伝に出てきたスプリンター、

セダンではなく、ハードトップでした。

 

当時の宣伝用パンフが

YouTubeにupされていました。

 

これです。

 

 

こんな古いパンフをよく保管していたものです。

 

でも、懐かしく拝見できました。

 

 

 



2018/09/09 (日) 08:02 | 回顧録:医大生
- | comments(0)

我々の時代、平成の時代とは異なり

いい車を持つことが一つのステータスでした。

 

私も、脛かじりの身ながら、

真っ赤のスプリンタートレノを

田舎で乗り回したもんです。

 

サイドフィラーをつけて、ここまでド派手に改造はしていませんでしたが

https://www.pikbee.com/tag/%E5%85%84%E5%BC%9F%E8%BB%8A

から 引用

 

トレノといえば、

カローラ・レビンの兄弟車で、

セリカLBと並び、若者には人気がありました。

 

後半に続くーーーーー

 

続きを読む >>


2018/09/06 (木) 18:51 | 回顧録:医大生
- | comments(0)

夏なので、

またヨットの話題。

 

大学のヨット部では、

この暑い時期の到来と共に、

ヨットをわざとひっくり返して、

元に戻す 通称 ”沈” 練習をしたもんです。

 

ヤマハのHP

https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/yacht/safety/trouble/index.html

 

小生は冷たくて心地よいと思う練習でしたが、

後輩の中には、ビビる人もいて、

 

先輩なんでこんな練習が必要なんですか?

 

などと情けないことを言う下級生もいました。

 

実際に沈した時、どうすればいいか?

身をもって経験しないと判らんと思うがーー

 

医師になれば、

治療中に緊急事態が起こることも

しばしばだと思いますが!?

 

医者になろうとする人間が言う言葉とは

思えませんでした。

 



2018/07/23 (月) 06:00 | 回顧録:医大生
- | comments(0)

これも医学生時代の話。

 

学生時代はヨット部に在籍していたんですが、

30年ぶりに、そのクラブの後輩たちと

楽しく久しぶりに歓談していました。

 

その時、5年後輩のN君が言うには、

 

先輩のギャランGTOには海への行き帰り

よく乗せてもらいましたねー

いつも、

乗せてもらっていて言いにくかったんですがーー

 

先輩のあの車、

かなり古いタイプのエアコンだったみたいで、

クーラーの効きが悪くて、

随分と暑い思いをしたもんですよ。

 

これが、懐かしき愛車GTOです。

1970年代では名車です。

http://minkara.carview.co.jp/userid/334702/car/234503/profile.aspx から転用

 

また、その車で 

常に流れていたあの音楽が懐かしいですね。

 

 

続きを読む >>


2018/02/08 (木) 11:13 | 回顧録:医大生
- | comments(0)

 

さて、今回は小生が医大の3年生の頃の話。

 

当時、私は3人の中高生の家庭教師を掛け持ちしていた時期がある。

 

その中でも某公立高校の2年生を受け持っていたことがある。

この高校はある県内では、いわゆる御三家と呼ばれる名門高校。

 

大学内の同級生に頼まれて、

その高校生の勉強のお世話になることになったのだが。

 

ある夕方、6時半ごろだったでしょうか。

いつものように 

その高校生のご自宅に時間通りに到着するとーーーーーー

 

 

続きを読む >>


2018/02/07 (水) 15:44 | 回顧録:医大生
- | comments(0)
1