とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

爆竹が流行る前に、

2B弾なるものがあった。

 

たばこぐらいの大きさのもので、

頭をマッチのように擦るだけで

発火し爆発するものであった。

 

これが、2B弾!

 

https://blogs.yahoo.co.jp/makimine_m/22621696.html から引用

 

少しタイミングを外して

手の中に持っていると

火傷を負ってしまう危険なものであった。

 

ということで、

昭和41年あたりに、製造中止となったようである。

 

スリルを求めて

よく遊んだような。

 



2018/09/12 (水) 21:38 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

以前も以下の記事でも触れたアーム筆入れ

アーム筆入れ 覚えてる?

 

https://middle-edge.jp/articles/4GzUX から引用

 

今日、TBSテレビで

”教えてもらう前と後”という番組のなかで、

暴走族とアーム筆入れの関係と称して紹介されていた。

 

筆入れのある開発者が、

自宅でテレビを観ていたらこんなニュース映像を目にした。

 

それはーーーーー

 

 

続きを読む >>


2018/09/11 (火) 20:49 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

子供の頃、

駅構内やデパートの屋上などで

よくみかけた噴水式ジュース自販機!

 

オレンジ、パイン味が多かったでしょうか。

 

 

http://www.lcv.ne.jp/~aiaki/drink/sanden.html 

から

 

のどが渇いて仕方がないときに、

親にねだって時々買ってもらった記憶がある。

 

現在は、衛生上の問題で販売されていないようである。

 

美味しそうに見えたものである。

 

 



2018/08/22 (水) 06:00 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

以前、

高知といえばアイスクリンぜよ では

 

高知の名物:アイスクリンを紹介しました。

 

今回も南国地方の夏の風物詩;

”冷やしあめ”

でございます。

 

日曜市でう売られている冷やし飴

 

当初は、かなり甘い飴が溶かされて

冷えたものと理解していたが、

ショウガの風味があるさっぱりした仕上がり。

 

一度 飲むと病みつきになる味。

高知城に向かう道沿いの露店で

何度 買ったことか。

 

懐かしいなー

 

ネットで買えるようですが、

現地で、かつ暑い場所で飲むのが醍醐味でしょう。

 



2018/07/18 (水) 06:21 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)

これも、広島に住んでいた頃の話。

 

悪ガキ友達のA君の自宅に向かう途中に

小さな酒屋があり、

その店に

5円のアイスキャンデー

売られていました。

 

メロンオレンジ

コーヒーグレープ味などなど

様々な風味を楽しんだものだ。

 

こんなアイスに近かったでしょうか

http://blog.zige.jp/ara-essa/kiji/583733.html

 

いつも10円玉を握りしめて、

5円アイスを2本買い、

小さな山超えをして

A君の家に通ったものである。

 

http://nature4star.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

からの転用

 

真夏なので、

急いで1本目を平らげないと

2本目が溶けてしまうのである。

 

私にとっては夏の風物詩として、

心に残る思い出となっている。

 



2018/07/11 (水) 22:13 | 回顧録:幼少時代
- | comments(0)