とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

CokeのCMソングが多々あれど、

小学生から中学低学年にかけては

やはりこの歌。

 

「コカ・コーラの歌(Big New Life・新世界)」

デューク・エイセスやピンキーとキラーズが歌ってました。

 

この歌です。

 

爽やかな宣伝で、コーラを飲みたくなるんだよなー

 

 

ラジオの野球中継時のCMでfull version が

よく流れていましたね。

 

中学1年の頃、

剣道部の練習を終えた土曜日の夕方

父と霞ケ浦に行く途中のタクシーの中で

ナイター中継の合間に

この曲が延々と流れていたことを

よく覚えていますね。

 

そして、なぜか昔のコーラの方が

炭酸が効いてて旨かったのはなぜだろう?

 

http://blog.livedoor.jp/bake_ratta-meshibana/archives/4033919.html から

 



2019/04/01 (月) 00:02 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)

1970年代、中学生の頃だったろうか。

 

ラジオ機能の付いたデジタル時計が

各家庭にあったでしょう。

もちろん、目覚まし機能もついています。

 

これです。

 

SONY「デジタル24」1968

https://anokoro30.com/2016/11/17/sony「デジタル24」/ から

 

我が家にも、このタイプと同じものがあり、

自分の勉強部屋で占有していました。

 

このラジオで、

 

FM東京の ”ジェットストリーム”

 

民放の

”パックインミュージック”(TBSラジオ)

”オールナイトニッポン”(ニッポン放送)

 

を聞きながら、夜な夜な

ながら勉強したもんだ。

 

オールナイトニッポンの懐かしいテーマ曲 

 

 

 



2019/03/09 (土) 14:53 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)

今ふと思いだした

中学の下校時間に流れていた曲。

 

下校時間における夕焼けイメージ

https://ganref.jp/m/ki-rokuichi/portfolios/photo_detail/f765deeb8f0d17fba661cd971b23c4e0 から
 

皆さんもご存じ

ニニ・ロッソの「夜空のトランペット」

 

 

この曲が流れたびに、家路に急ぐ自分。

 

帰ったら、まず学校の宿題?

いや、あの 熱血家庭教師 T から出された

鬼のような宿題をやらねば、

などと思いをめぐらしたものだ。

 

こう思いながらも、

家に着くとテレビのスイッチを入れて

毎夕やっていた青春ドラマ流れていたどを

観ていた私だった。

 



2019/03/03 (日) 00:03 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)

高校3年の頃の話。

 

日本史の授業中に、

よく数学の内職勉強をしていた記憶がある。

 

http://fumihiro2209.hatenablog.com/

 

ある日、日本史の先生が

小生の机に近寄ってきて、

 

K君はいつも他の教科の勉強してるねー

 

はい。

日本史は入試で選択ではないので

すみませんです

 

日本史は好きではないんかね

 

いや、歴史自体は嫌いじゃないんですが、

どうも漢字が覚えられないもんで

 

そうか、

君は入試では社会は何で受けるんかね?

 

はい世界史です

 

では、中国史で難しい漢字も多いが

どうだね?

 

確かに、そうなんですが、

1年の時に世界史と決めちゃったもんで、

仕方なく受け入れてます。

 

分かった。

まあ、頑張りたまえ!

 

と言い残し、

また何事もなく授業再開。

 

この先生も、

私が世界史に関しては

夏休み明けの実力試験で文系を抜いて

トップの成績だったことも知っていて

大目にみてくれたのかもしれない。

 

妙なお咎めもなく、優しい先生でよかった。

 

通常なら、激怒して

数学の問題集を取り上げてしまう先生

も多く存在するでしょうが。

 

しかし、日本史の期末テストは

興味があまりないものだから

記憶するのも大変だったなー

 

ということで、当時の日本史の先生には、

随分と失礼なことをしてしまった

と、反省。

 

 



2019/02/09 (土) 12:32 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)

高校生の頃、

日頃のストレスも多かったのだろうか?

 

よく腹痛で下痢と便秘を

繰り返していた。

 

いわゆる”過敏性大腸症候群”

irritable colon syndrome

だったのでしょう。

 

授業中もよく、急に腹が痛くなって

”先生、トイレ行っていいですか”と、

よくトイレに駆け込んだものである。

 

https://medicalnote.jp/contents/160506-035-WX

から

 

それにしても、

この時代は最もひ弱だったなー。

 

浪人生や大学に行く頃には、

すっかり治癒していた。

不思議なもんである。

 

大学の同級生の中にも、

この病気の人がいて、

彼は、いつトイレに行っても大丈夫なように、

山手線のすべて駅のトイレの場所

を把握していたそうな。

 

小生は

これほど、ひどくはなかったが、

急な腹痛はかなり苦しいもんである。

 

という訳で、ひ弱な体を鍛えるべく

大学に入った途端、運動ばかりしていた自分。

 



2019/02/06 (水) 19:26 | 回顧録:中高時代
- | comments(0)