とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

先週末に医師国家試験も終わったようです。

問題の傾向や難易度は昨年とあまり変わらないようです。

 

おそらく、合格率も例年通りと予想します。

まだ、全体をすべて見たわけではありませんが、

いずれ目を通して、知識をup dateする予定。

 

医師という仕事は絶えず勉強も大事ですからね。

 

 



2020/02/10 (月) 18:17 | 日々雑感
- | comments(0)

昨年は不正入試で、もめた医学部入試。

 

昨日から私立医学部に入学試験が始まったようです。

国公立は前期と後期の2回しかチャンスはありませんが、

私立は受けようと思えば、10回以上のチャンスがあります。

 

体力が持てば の話ですが。

 

この寒い時期に試験が続き大変ですね。

医学部受験生にとっては長ーい2か月が始まります。

 

 

 

 



2020/01/22 (水) 19:52 | 日々雑感
- | comments(0)

明日から、最後のセ試験があるようですが、

首都圏は生憎の雪模様のようです。

 

なぜか、セ試験に合わせたように、

毎年 雪で受験生は苦しめられるようですな。

 

受験生諸君は

まずは、早めの行動を!

健闘を祈りましょう。

 

 



2020/01/17 (金) 21:19 | 日々雑感
- | comments(0)

正月連休の最終日に上野の森美術館に、

ゴッホ展を見に行ってきた。

 

 

寒い中、自分も含めて多くの人が並びご苦労さんなこと。

また、美術館に入ったあとも、長蛇の列。

なかなか先に進まない。

 

このおかげで、

説明プレートがゆっくりを読むことが出来て

ゴッホがいかに大変な生涯を送ったかということは、

よく理解できた。

 

ところで、最近の論文で

受容的芸術活動(美術館、アートギャラリー、展覧会、

劇場、コンサートやオペラに行く)と死亡率が低下する

という報告があったようです。

The art of life and death: 14 year follow-up analyses of associations

between arts engagement and mortality

in the English Longitudinal Study of Ageing.

BMJ (Clinical research ed.). 2019 12 18;367;l6377

 

しかしながら、小生が思うに

ゆったりと美術品を観覧するというよりも、

忍耐強く並んで芸術鑑賞することが体にいいのかな?

と思った次第。

立ち時間も長く腰もいたくなるし、

どうなんでしょうか?

 



2020/01/10 (金) 19:39 | 日々雑感
- | comments(0)

来年度から導入される大学入学共通テストでは

国語と数学では新たに記述式の問題を設けて

表現力や思考力を問うことにしていました。


しかし、この記述式問題について、

萩生田文部科学大臣は

「受験生が安心して受験できる体制は現時点では困難」

として来年度の導入を見送りを発表しました。
記述式はおよそ50万人の答案を公平に採点するのが難しいことや

受験生による自己採点と実際の結果が一致せず

出願先の決定に支障が出る懸念を挙げています。

 

ということだが、

全くお騒がせ文部省である。

 

我々の時代もセ試験の前身である共通1次試験

という程度が高いとは言えない試験が

導入された時期で大変な時代もあったが、

今回の入試改革もひど過ぎる。

もう少し、よく考えたらどうだ?

 

こんな訳の分からん入試をやるぐらいなら、

かつての国立大で行っていた各大学独自試験のみ

で行った方がいいのではないか?

と思う今日この頃。

 

これでいいのか日本の大学入試

https://webronza.asahi.com/science/themes/2911011100002.html から

 

 



2019/12/17 (火) 22:01 | 日々雑感
- | comments(0)