とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

今日から、NHK大河ドラマ

”韋駄天”が始まるようである。

 

ストックホルムオリンピックに初参加した男

”金栗四三に、中村勘九郎 “

”オリンピックを呼んだ男”:田畑政治に、

阿部サダヲ”が出演するそうな。

 

金栗四三

http://www.nagomishoko.jp/user_data/kanaguri から

 

2020年の東京五輪を意識して

このドラマが選ばれたのだろう。

 

金栗という名前は、

少年少女 学習百科大事典

で述べましたが、

この辞典のおかげで知っていました。

 

しかし、

初めて出たストックホルム五輪の

マラソンではコンデイションが悪く

途中で意識を失い、

目が覚めたのは翌朝で

すでにレースも終わっていたそうな。

 

ところで、

道頓堀の看板で有名なグリコサイン

も金栗選手もモデルになっているらしい。

 

知らなんだ。

 

マイナビ ニュース:

https://news.mynavi.jp/article/20141216-a524/ から

 



2019/01/06 (日) 17:54 | 映画・TV番組
- | comments(0)

”コンバット”という戦争TVドラマ

を覚えている年配の方は多いことでしょう。

 

私が小学生低学年から放映されていたが、

当時は夜の8時からだったので、

リアルタイムではあまり観てませんでした。

 

中学生ぐらいになって、

夕方ないし、深夜の再放送で

見ていたような。

 

ほぼ1話完結で繰り広げられる

戦争ドラマはどの回も

見ごたえ十分でした。

 

ただ、ところどころの戦争シーンは

第二次大戦の本当のフィルム

が使われていました。

 

この辺が、

比較的最近に上映された

”プラーベート ライアン”とは大違いですね。

技術力の差があるのは、当然ですが。

 

さて、ほぼ主役の

サンダース軍曹役のビック・モローは、

1984年の『トワイライトゾーン/超次元の体験』

の撮影中に亡くなっています。

 

どらんごんず★MOVIE's

https://blogs.yahoo.co.jp/kuniheart_54

トワイライト・ゾーン/超次元の体験(1984年)

 

残念なことです。

 

冒頭に流れるコンバットマーチは懐かしきかな!

 

 

 



2019/01/04 (金) 20:56 | 映画・TV番組
- | comments(0)

確か、

広島に住んでいた頃、

小学生時代に観た

”バルジ大作戦”

という戦争映画は

非常に子供心に印象に残る映画であり

興奮したものである。

 

ストーリー:

時代は、第二次大戦のヨーロッパ戦線末期。

ドイツの敗北が確かになってきた頃、

独軍が残る戦車をかき集めて、

若い戦車兵を総動員させて、

連合軍に一泡掻かせようした

ドイツ最後の電撃作戦。

 

ドイツ軍の戦車団長のヘスラー大佐役

を演じたロバート・ショウが

渋くてかっこいい!

 

ヘスラー役のロバート・ショウ

町田の独り言 2  から

 

映画館内にもレアーな

戦車、装甲車、上陸用舟艇などの

プラモデルが売られていて、

これまた、少年の高揚感を

くすぐったようだ。

 

どれを買おうか迷うんだよなー

https://recollections.co.jp/8290/ 

より

 

最後に、

YouTubeから

この映画で流れた”戦車兵の唄”

 

 

 

 



2018/12/29 (土) 11:46 | 映画・TV番組
- | comments(0)

クリスマス時期の映画として、

マコーレ・カルキン主演の

”ホームアローン1、2”

は名作で、何度見ても面白い。

 

このたび、

 

Googleアシスタントが

マコーレー・カルキンと組んで、

上映から28年が経つ『ホーム・アローン』の

印象的なシーンの数々を

新たに作り直したようです。

 

このCMの中でカルキン演じるケビンは、

映画の中と同じルーティーンをこなしています。

 

ベッドでジャンプし、

シャワータイムを楽しみ、

ディナーの前には

「オペレーション・ケビン」

の準備も怠りません。

 

家の外観から壁紙まで、

あらゆるものが本当に

当時のままに再現されているのです。

 

当時と違う点といえば、

ケビンのあらゆる作業を

グーグルがサポートしているというところ…。

彼はGoogleアシスタントを使って

ドアをロックしたり、

ロボット掃除機を起動したりできるわけです。

 

Esquire Men's Health

 

 

まず、見てみてください。

 

 

ところで、

『ホーム・アローン』のパロディ映画

『Stoned Alone(原題)』の製作が

計画されているらしいですよ。

 

 



2018/12/24 (月) 11:44 | 映画・TV番組
- | comments(0)

確か、小学高学年の頃だろうか?

父と連れだって、見に行った映画。

 

フランスを代表する名優二人

ジャンポール・ベルモンド

オマー・シャリフ

が共演する映画

 

”華麗なる大泥棒”

 

という映画は、

なぜか印象が残っている。

 

原題名:"Le Casse"

英語表記にすれば、

The Robber でしょうか?

 

当時のパンフ

右:JP ベルモンド;左:オマー・シャリフ

https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=10743292

 

大泥棒役のベルモンドと、

それを追う刑事役シャリフの

駆け引きが

なんともいえない。

 

その中で、

女優:ダイアン・キャノンが

花を添えて、この映画を

引き立てている。

 

ダイアン キャノン

http://summaars.net/deathtrap.html から

 

最後に、シャリフが

小麦粉か何かに埋もれて

しまうシーンはよく覚えている。

 

また、この映画音楽も

テンポがよく、

本映画によくマッチしていた。

 

YouTubeでも見つけたので、

興味があれば、聞いてみてください。

 

 

映画全編もYouTubeで見れるようです。

残念ながら字幕はアラビア語のようですが。

 

 

 



2018/12/23 (日) 00:03 | 映画・TV番組
- | comments(0)