とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

日本に来訪した007 

でも扱った「007は二度死ぬ」という映画。

 

鹿児島の南さつま市、秋目港という場所は、

この映画で撮影されたことで有名とのこと。

 

道路沿いに以下のような記念碑があるようですが、

うっかり見落としてしまうこともあるようです。

 

http://www.synapse.ne.jp/nankai/007/007.htm から

 

 

ボンドが日本のボンドガール;浜美枝と共に里帰りする島のシーンのようです。

 

以下のシーンを撮影した場所でしょうか?

 

http://blog.livedoor.jp/ohmss007/archives/1767816.html 

から

 

 

右端の橋はコンクリート造りの橋を壊し、

わざわざ木製の橋に作り直し物議をかもした例の橋でしょうか。

右上の家が、ショーン コネリィーと浜美枝の撮影があった山下家だそうです。

今も有るとのこと。

http://www.synapse.ne.jp/nankai/007/007.htm 

から引用

 

下の写真で分かるように

景色も、とてもいいいところのようなので、

一度は訪れてみなければ。

 

秋目島の夏風景

https://manosebf-spoonbill.at.webry.info/

 



2018/10/27 (土) 22:41 | 映画・TV番組
- | comments(0)

米国留学に行く途中、Las Vegasに立ち寄った時のこと。

 

丁度、米国でサッカー ワールドカップが行われた年。

1994年ですから、24年ほど前の話である。

 

その折、

"007 ダイアモンドは永遠に”における

舞台となった”サーカス サーカス”という老舗のホテルを訪問。

 

ピエロの看板で有名なホテル。

 

ベガスのstrip通りを車を走らせていれば、

すぐ目につくピエロの看板。

 

ホテル自体は、現在はベガスでは二つ★レベルぐらいで、

他のホテルに比べると高級感はない。

 

サーカス サーカスの看板

http://go-go-lasvegas.com/2009/04/post-54.php

 

しかし、007で観たある1シーンが忘れられず、

思わず立ち寄ったわけである。

 

そう、

映画でもホテル内でのサーカスの実演を観にいったのである。

 

場内で演じられるサーカス  Wikiwandから

 

ベガスといえば、今では

シルクド・ソレイユのサーカスが有名で、

これに比べればかなり見劣りするはするが。

 

1970年代では、このホテル内のサーカスが

1つのエンターティメントとして成り立っていたのだろう。

 

このホテルでサーカスを観ながら、

しばし、懐かしい007映画を思い出したものである。

 

 



2018/10/20 (土) 18:58 | 映画・TV番組
- | comments(0)

先日、

仕事場の仲間と話していて、

 

”スリー・ディグリーズ 知ってる?”

と聞いたところ、

 

ほぼ9割の人が、

”知らなーい”と寂しいお返事。

10歳年下の年代でも知らないらしい。

 

小生の高校時代では、ラジオのスイッチを入れる度に、

”天使のささやき”が流れていたんですけどねー。

 

 



2018/10/08 (月) 20:26 | 映画・TV番組
- | comments(0)

リアルタイムでは

観ていなかったような気がする。

 

おそらく再放送だったのだろう。

確か夕方の5時あたりに放映されていたような。

 

”恐怖のミイラ”

というホラー番組。

 

これは、子供心に残ったTV番組の中でも、

最高に怖かった。

 

最近の洋画

”ハムナプトラ”に出てくるミイラに比べると、

遥かにお粗末なものではあるがーー

 

何とも言えないオープニングで始まる

あの恐怖を誘う音楽を

今でも忘れない。

 

これである 

 

 

 

あらすじはーーーーーー

 

 

続きを読む >>


2018/09/28 (金) 22:36 | 映画・TV番組
- | comments(0)

昨日 (9/24 23時)のフジテレビ

『石橋貴明のたいむとんねる』という番組で、

俳優・佐野史郎さんがゲストに招かれ、

 

「勝手に語り継ぎたい怪獣映画」

をテーマに、

ゴジラ、ガメラなど怪獣映画の魅力を

佐野さんが激熱で語りまくっていた。

 

http://www.henshin-hero.com/archives/26151447.html から


私より、

多少年配の佐野氏だが、

興味深く拝見した。

 

そして、似たような意見で共感を覚えた。

 

後半へーーーー

 

続きを読む >>


2018/09/25 (火) 21:43 | 映画・TV番組
- | comments(0)