とある医者の回顧録と日々雑感

某臨床医の人生で起きた出来事や日々思うこと、
医師患者関係や医療情報などについて語ります。

今日は1日中、雨でしたね。

リハビリ専門医の単位取得も兼ねて、

2年ぶりに運動療法学会に参加してきました。

 

この中で、印象に残った2つの講演

について述べてみましょう。

 

一つ目は、

”フレイル予防に関する国家戦略”

 

フレイルとは、

加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、

複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、

心身の脆弱性が出現した状態であるが、

一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態。

 

https://www.tokyo.med.or.jp/citizen/frailty から引用

 

 

一言でいえば、

“agingに伴う退行現象のなかで寝たきりになる前の状態“

とでも言いましょうか。

 

寝たきりになる前に、フレイルの進行を予防するために

地域ぐるみで高齢者自らもが

サポート運動に参加して

健康的な老人をいかに増やすかというテーマが

コンコンと述べられていました。

 

その中で、高齢者女性に比べて男性を

こういう啓蒙活動に引っ張り出すことが

難しいと演者が述べていました。

 

2つ目の講演は、

”運動はなぜ健康に良いのか?;そのシステムに関して”

 

まあ、運動によって、

認知予防、

先ほどのフレイル予防、

さらには、若年者における学習能力、記憶力向上

が図られる。

 

その一端として、感染した時に出てくる

インターロイキン6(IL6)なるリンパ球由来の

化学物質が関係してくるというもの。

 

IL6というものが出続けることは体には毒だが、

この化学物質が瞬間的に出ることは、

善玉作用となるのでは?

という内容でした。

 

 

ところで、会場となったのは

皇居の北側、竹橋にあるパレスサイドビル。

かなり古いビルで、かつては毎日新聞が

経営していたそうな。

 

現在はビルの立地条件もいいことから

映画などのロケ場所にもよく使われるそうな。

 

土曜日なのでビジネスマンもいないせいでしょうか?

やや閑散としたパレスサイドビル内の飲食店街

 

七夕の飾り付けもあるビル内

 

ちょっとした医療情報と

パレスサイドビルのプチ紹介

といったところで。

 

また。

 



2019/06/22 (土) 20:25 | 医療情報
- | comments(0)

 

 

五輪チケットの購入 

でも話題にしたことですが、

結果は全て落選。

 

厳正なる抽選を行いました結果、誠に残念ながら、

申込いただいたチケットをご用意することができませんでした。

とのメールが届きました。

 

応募したのは、

開会式

バドミントン予選

柔道 男子80kg級予選

フェンシング予選

セーリング予選。

 

まさか、

セーリング予選が落選とは、いかに?

 

私の同僚もすべて落選だったという

残念な結果ばかり。

また、SNS上でも落選報告が相次いだようです。

 

この後は、

先着順販売、

販売所でのチケット販売

などがあるようですが、

今回の抽選で多くの国民が落選落胆し、

今後の券販売には消極的になる方が

多いように思います。

 

と残念報告でした。

 



2019/06/20 (木) 21:34 | 日々雑感
- | comments(0)

 

http://waucondarehabpoiketsu.blogspot.com/2017/02/rehab-for-elderly.html から

 

高齢者のリハビリは、なかなか大変である。

 

血圧などの体調管理、

食事摂取の問題、

肺炎、下肢静脈血栓症などの合併症管理、

認知症により指示が通らない、

などなど、手間暇がかかるのである。

 

今日も、立たせるだけで頻脈となり

リハビリが進まない高齢女性が入院していて、

家族もりリハビリの病棟に来てから

さらに認知症も進んだのではないか?

と病院への不信感がつのるという事例があった。

 

家族との協力も不可欠なので、

臨時に話し合いを持つべく、

患者さんのリハビリも実演させつつ

お話しさせていただいた。

 

しかし、今日はどういうわけか

患者さんの状態も最高によい状態。

薬の増量で頻脈もは治まり、覚醒も良好。

 

家族の不安感も軽減され、

家族との協力体制も改善されそうだ。

 

やはり、こちらの誠意も見せること、

良好なコミュニケーションを築くことが、

大変重要であることが再認識された。

 

よきcommunicationこそが治療効果を上げる上で大変重要!

https://www.endocrineweb.com/professional の一部から

 

明日からも、頑張ってお仕事していきましょう。

ということで、今日はこの辺で。

 

 



2019/06/19 (水) 20:51 | 医師患者関係
- | comments(0)